世にも「通いの軍隊」が大批判?西島秀俊主演の問題作を動画で確認してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「世にも奇妙な物語’16春の特別編」が5月28日に放送されました。
その中で、西島秀俊さんが主演した話に視聴者から批判があったようです。

「通いの軍隊」について

筒井康孝さんの『おれに関する噂』からのエピソードが原作のようです。
演じたのは以下の方々。

前島啓一郎 – 西島秀俊
前島唯 – 中村優子
森内 – マギー
毛利 – 戸田昌宏
鬼頭少佐 – 馬場徹
尾関 – 佐藤みゆき
藤田 – 藏内秀樹
遠藤 – 桐山浩一
保衛員 – 宇賀神亮介
アナウンサー – 長島瑞穂

https://ja.wikipedia.org/

「通いの軍隊」ってどんな話?

西島演じる前島啓一郎が、軍人として戦地に赴くのだが・・・
まるで派遣社員のように満員電車で戦地に“通い”、9時~5時まで勤務し退社(?)する。といった話である。

批判の原因は?何が問題だったのか

ネタバレになるが、物語の終盤で西島たちが空爆により死ぬシーンがある。
一見ありがちな展開だが、放送日の前日5月27日に、アメリカ大統領のオバマ氏が広島を訪問しているのである。
一部視聴者が、この空爆シーンを見て広島の原爆を連想したのだろうか?
戦争が題材と言うことで、不謹慎に思う人もいたんでしょうね。

視聴者の感想など

動画

動画を見つけましたので、確認したい人はどうぞ。

世にも奇妙な物語’16 春の特別編 – (3) 通いの軍隊

http://channel.pandora.tv/

最後に

この話に興味を持った方は、原作である筒井康隆著『おれに関する噂』

筒井康隆 おれに関する噂

読んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly